このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitterでツイート Windows 7でApache

Windows 7の開発・動作確認環境用にノートパソコンを購入したので、開発環境整備の手始めとしてApacheをインストール。Apacheは、現状のプロダクトを踏まえ2.0系(apache_2.0.63-win32-x86-no_ssl.msi)を選択しました。

Apacheのインストールはインストーラーの指示通りに行い、ブラウザを起動し、http://localhost/にアクセスして、お決まりのページを確認。
http://localhost/にアクセス

ここまでは問題はないようです。
次に、タスクバーに表示される「Apache HTTP Server Monitor」。Windows 7では、Vistaと違ってアイコンの表示が制御されているんですね。「タスクバーに表示するアイコンと通知の選択」画面を表示して、「Apache HTTP Server Monitor」の動作を「アイコンと通知を表示」に変更しました。
「アイコンと通知を表示」に変更

タスクバーにアイコンが表示されるようになったところで、Apacheを「stop」させ、その動作制御を確認。
Apacheを「stop」
タスクバーのアイコンはしばらく待ってもグリーンのまま。Vistaと同様、このままではうまく機能しないようです。

この対処方法は、「Monitor Apache Servers(=「Apache HTTP Server Monitor」)」を「スタートアップ」ではなく、タスクスケジューラで起動するようにすることです。手順がおおよそ次の通り。

1.スタートメニューの「Monitor Apache Servers」を削除。
2.「タスク スケジューラ」を実行し、新しいタスクとして「Monitor Apache Servers」を作成。
 (1).「タスク スケジューラ」の右側にある「タスクを作成…」をクリック。
 (2).名前を”Monitor Apache Servers”と入力。
 Monitor Apache Servers と入力
 (3).「最上位の特権で実行する」をクリックしてチェック状態に。
 (4).「トリガー」タブをクリックして、「新規…」ボタンをクリック。
 (5).「スケジュールに従う」をクリックして、プルダウンした「ログオン時」をクリックし、「OK」ボタンをクリック。
 (6).「操作」タブをクリックして、「新規…」ボタンをクリック。
 (7).プログラム/スクリプトに、”C:\Program Files(x86)\Apache Group\Apache2\bin\ApacheMonitor.exe”と入力(「参照」ボタンでこのファイルを選択)。
 (8).「条件」タブをクリックし、「コンピュータをAC電源で使用している場合のみタスクを開始する」をクリックして、チェック状態を解除。
 (9).「設定」タブをクリックし、「タスクを停止するまでの時間」をクリックして、チェック状態を解除。
 (10).「OK」ボタンをクリック(これで、タスクの登録が完了)。

パソコンを再起動し、タスクバーのアイコンでApacheを「stop」。数秒後、無事アイコンが赤くなりました。
Apacheを「stop」。無事アイコンが赤くなりました

最後に、Apacheをインストールしたフォルダ(C:\Program Files(x86)\Apache Group\Apache2)のプロパティを開き、「セキュリティ」タブをクリックして、書き込み許可を設定。Apacheのインストールはとりあえずこんな感じですかね。

投稿日:2009年12月18日
  • ※コメントは、スパム対策などのためIPアドレスにて制限しております。
  • ※誹謗や中傷、スパムなど、不適切な内容は公開いたしません。ご了承ください。