このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitterでツイート WSSをゲストアクセス可能に

WSS(Windows SharePoint Service)を何気なく(デフォルトで)インストールすると、サイトのアクセスは認証が必要でゲストアクセスはNGです。これをゲストアクセス可能にする設定をに関してちょっとだけメモ書き。

手順は次の通り。
1.WSSの管理サイト(SharePoint Central Administration v3)にアクセス。
2.「アプリケーション構成の管理」タブをクリック。
3.「アプリケーション セキュリティ」内の「認証プロバイダ」をクリック。
4.「領域」内の「既定」をクリック。
5.「匿名アクセスの有効化」をクリックしてチェック。
 ※必要に応じて「基本認証」をクリックしてチェックを。
6.「保存」ボタンをクリック。
———————————————————-
7.WSSのサイトトップにアクセス。
8.「サイトの操作」をプルダウンし、「サイトの設定」をクリック。
9.「ユーザーと権限」内の「権限の設定(詳細)」をクリック。
10.「設定」をプルダウンし、「匿名アクセス」をクリック。
11.「匿名ユーザーがアクセスできるようにする:」内の「Webサイト全体」をクリック。
12.「OK」ボタンをクリック。

こんな手順で、WSSのサイト全体をゲストアクセス可能になりました。

もともとは外部(サイト外)からRSSを利用するようにしたかっただけなのですが、RSSのみをゲストアクセス可能にすることはできないようなので、このように設定を変更しました。
上記11の選択肢に「リストとライブラリ」のほかに「RSS」とかあればいいんですけどね。。。

投稿日:2010年9月22日
  • ※コメントは、スパム対策などのためIPアドレスにて制限しております。
  • ※誹謗や中傷、スパムなど、不適切な内容は公開いたしません。ご了承ください。