このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitterでツイート WP Booster向けにちょいと調整しました

WP Boosterの効き目がちょっと悪かったので、テーマをちょっと調整してみました。
具体的には、headタグ内のcssやJavaScriptファイルが、CDN側に変わっていないこと。理由を調べるためプラグインのソースを見てみると、現状では次のフィルターが関係しているようです。

  • stylesheet_directory_uri
  • template_directory_uri
  • plugins_url
  • wp_get_attachment_url
  • theme_mod_header_image
  • theme_mod_background_image
  • the_content

アップロードした画像などはthe_contentフィルター(the_content関数)がさばいているので問題なくCDN側に変わっていたのですが、cssやJavaScriptファイルはそれぞれ/cssや/jsディレクトリに配置していたため、WP Boosterが効かなかったというわけです。対処としては、自テーマにcssやJavaScriptファイルJavaScriptファイルをコピーし、get_stylesheet_directory_uri関数でパス名を指定します(次のような感じ)。

<script type="text/javascript" charset="UTF-8" src="<?php echo get_stylesheet_directory_uri( ); ?>/js/common.js"></script>

修正したテンプレートファイルをサーバーにアップして、GTmetrixで確認。無事、JavaScriptファイルがCDNサーバー側に変更され、それぞれのロード時間は劇的に短縮できました。

無事CDNに切り替わった

ここではjqueryファイルについて、自サーバーからCDNサーバーに変更しています。途中、https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.2/jquery.jsにも切り替えてみたのですが、今回確認した限りではWP BoosterのCDNサーバーの方が早いようです。

さてcssファイルについては実際切り替えては見たのですが、現在のサーバーのディレクトリ構造の関係で若干不具合があったため、とりあえずは自サーバーのままにしています。結論、テーマもプラグインも行儀よく作ったほうがいいってことのようです。

投稿日:2012年7月18日
  • ※コメントは、スパム対策などのためIPアドレスにて制限しております。
  • ※誹謗や中傷、スパムなど、不適切な内容は公開いたしません。ご了承ください。