このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitterでツイート WordCamp Tokyo 2012行ってきました

WordCamp Tokyo 2012」行ってきました。まあ、まだやってるんですが、ちょっとコードを書きたくなったので、早めに帰ってきちゃいました。今回の開催地は、京急蒲田駅近くの「大田区産業プラザPiO」。同じ会場内ではPHPカンファレンスをやっていて、行き来自由な感じでした(巫女さんがいたりね)。

参加したセッションは次の通り。
「マルチデバイス時代の WordPress 表示最適化」大曲仁
「WordPress 高速化 Pro Tips:フロントエンドの最適化」宮内隆行・こもりまさあき
ハンズオン:「AWS + 高速化」堀内康宏ほか
大曲さんのセッションはもうちょい詳しく聞きたかった感じです。

今回はじめてハンズオンに参加したのですが、1時間の実戦形式のスタイルはいい感じだと思いました。中身は、「amazon web service」を使ったWordPressサイト構築で、アマゾンの堀内康宏さんをメイン?に、デジタルキューブの古賀さんがフォローするような感じで進行。私の場合は(偶然にも)事前にAWSのアカウントを取るだけ取った状態で参加したのですが、ほとんどの方はその場でアカウントを取るところからスタートし、Amazon EC2にてインスタンス(仮想サーバー)を作成して、WordPressのセットアップまでを行いました。WordPressのセットアップまでと書きましたが、実際は「網元 AMI」を利用し、本の数ステップで、Amazon EC2にてインスタンスがWordPressがインストールされた状態になっちゃいました。これは簡単です、ほんとに。大変なのはAWSでインスタンスを作成するまでのほうが、はるかに面倒(というかわかりにくい)ですw

さて、セットアップされたWordPressの環境はちゃんと3.4.2日本語版で、素のWordPressに加え、いくつかのプラグインがインストール済み。さりげなく、「WP Booster」もレディ状態です。VPSのように、自分でいちから構築しなくてもいいんですね。

進行の関係で、独自ドメインの割り当ては最後の方になってしまいましたが、独自ドメインで運用するならば「網元 AMI」でセットアップを行う前に
Amazon EC2にてインスタンスに固定IPを割り当てDNSの設定までを済ませておいたほうがよさそうです。構築したWordPressサイトのドメイン変更って、ちょっと面倒ですし。

とまあ、はじめて参加したハンズオンはとてもよかったです。場所と時間があるなら、次回のWordCampではもっとコマ数を増やしてほしいですね。

追記:
WordPress 高速化 Pro Tips:フロントエンドの最適化のプレゼン資料

投稿日:2012年9月15日
  • ※コメントは、スパム対策などのためIPアドレスにて制限しております。
  • ※誹謗や中傷、スパムなど、不適切な内容は公開いたしません。ご了承ください。